金太郎飴?じゃなくて金太郎ガラスがすごい!

金太郎飴ならぬ、金太郎ガラス
金太郎飴ならぬ、金太郎ガラス

金太郎飴は食べられますが、こちらは食べられません。

カリフォルニアに拠点を置くガラス作家のローレン・スタンプさんの作品が、まるで金太郎飴のようだと話題を呼んでいます。

金太郎飴は、どこを切っても同じ模様の出てくる飴でできたお菓子ですが、こちらの作品は材料は『ガラス』なのでもちろん食べられませんが、どこを切っても金太郎飴のように同じような模様が楽しめる作品です。

芸術作品なのでお値段も張るようで、レオナルド・ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』を再現した作品はなんと一切れ5000ドルで販売されたようです。

ダヴィンチファンの方には堪らない一品なのかもしれませんね!

金太郎飴ならぬ、金太郎ガラス

金太郎飴ならぬ、金太郎ガラス

ガラス細工の岩窟の聖母

ガラス細工の岩窟の聖母

お値段一切れ5000ドル

お値段一切れ5000ドル

その他にもいろいろな作品があるようです。

その他にもいろいろな作品があるようです。

金太郎ガラスネックレス

金太郎ガラスネックレス

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です