ふくらはぎが痛い!脹脛が痛くなる原因と対処法!

ふくらはぎが痛い!脹脛が痛くなる原因と対処法!

ふくらはぎが痛い!脹脛が痛くなる原因と対処法!

ふくらはぎが痛い!脹脛が痛くなる原因と対処法!


ふくらはぎを痛めたり違和感を覚えてしまうと足を使っう動き全てに支障をきたしてしまいます。一時的にならまだ我慢することも可能ですが、慢性的になってしまうと動くことすら億劫になってしまいます。また、その時は一時的なものでも放っておくとそのうち慢性的になってしまうことも考えられます。早め早めに対処しておきましょう。

ふくらはぎが痛くなる原因

ふくらはぎの肉離れ!
ふくらはぎが肉離れを起こしている可能性があります。いきなり激しい動きをしてしまったり、筋肉に蓄積された疲労が原因と考えられます。この場合主に腓腹筋の内側に位置する内側頭中間部に起こる場合が多いようです。また、ふくらはぎの肉離れは他の場所よりも再発する可能性が高いようですので、しっかりとした治療を行うようにしましょう。
ふくらはぎへの血液不足が原因!
なんとなく足がだるかったり、ふくらはぎが冷えていたり、ちょっと歩くと痛み少し休むと治まる。といった場合は動脈硬化や深部静脈血栓症や閉塞性動脈硬化症が原因の場合があります。運動をすると足の筋肉には普段の血液の10倍ほどの量が必要になります。動脈硬化深部静脈血栓症や閉塞性動脈硬化症により足への血流量の不足でだるさ・冷え・痛みを覚えるようになってしまいます。血液不足の原因として他には、エコノミークラス症候群のように足への血流が悪い姿勢で長時間過ごしてしまうと似たような症状が起こりやすいです。とにかく足への血液不足が原因でふくらはぎの違和感につながります。
足への神経を圧迫!
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など足の神経を圧迫・触れてしまっていることが原因の痛みです。ふくらはぎやももが痺れたり痛みを感じる方が多いようです。
ミネラル・ビタミン・水分不足が原因!
ミネラルやビタミン不足でふくらはぎがつったりこむら返り(腓腹筋痙攣)をおこしたりしてしまいます。主にカルシウム・カリウム・マグネシウム・ビタミンEの不足が原因のひとつのようです。
疲労の蓄積!
主に筋肉痛や疲労回復ができてない状態です。これが原因の場合も痛みを覚えたりだるかったり人によりますが様々な症状がでます。

以上がふくらはぎが痛んだり、違和感を覚えたりする主な原因です。ふくらはぎの痛みや違和感だけで原因を特定するのは難しいですが、自分の体と相談しながら対処していくようにしましょう。少しの違和感でも思わぬ大病の初期症状の可能性もありますので、目安として痛みや違和感の頻度が低くても2~3日症状が続くようでしたら病院での診察をお勧めします。その場合は、大きな病院に行けば安心ですが、整形外科・内科で診てもらいましょう。

ふくらはぎが痛んだときの対処法!

規則正しい生活を!
疲労蓄積は主に不規則な生活リズムが原因になりす。夜更かししたり寝不足が続くとどうしても疲れが蓄積されていってしまいます。その結果ふくらはぎが痛くなったり、違和感を覚えるようになってしまいます。まずは、規則正しい生活を心がけましょう。
栄養管理!
上記の原因で説明したとおりミネラル・ビタミンなどの栄養不足も原因になります。ミネラル・ビタミンなどの栄養摂取ももちろんですが、疲労回復の面ではしっかりとした栄養管理も重要になってきます。栄養バランスは大丈夫か、毎日の食事を見直しましょう。
適度な運動を!
肉離れやふくらはぎへの血液不足、ヘルニアや坐骨神経痛の原因のひとつに運動不足が上げられます。適度な運動を心がけるようにしましょう。しかし、ふくらはぎの症状があるときは無理をせず、痛みや違和感があるときは控えましょう。
ふくらはぎのマッサージやストレッチ!
ふくらはぎが痛くない程度に揉んだりマッサージを行いましょう。タオルなどを使ってふくらはぎの筋肉を伸ばしたり縮めたり、ふくらはぎ周辺を気持ちの良い程度に揉みましょう。痛みや違和感を覚える前、普段から行っておくと足の血流が促進され健康にとてもいいようです。
体を冷やさない!
血液を効率よく足へ運ぶには全身の血行を良くするのが効果的です。体を冷やさないようにするには、しっかりとお風呂で温まる、食事をしっかり取る、適度な運動、筋力アップなどが効果的です。その他、体を温められることはドンドン取り入れていくようにしましょう。
長時間同じ姿勢でいないように!
血流不足の原因のひとつとして足への血流を圧迫するような体勢で長時間過ごしてしまうことをあげました。なるべく避けるようにしましょう。どうしてもという場合は、定期的に体全体を動かしたり、足を伸ばしたり、伸びをしたり、とにかく足への血液を確保することを意識するようにしましょう。

以上。ふくらはぎに負担をかけないような対処法を書きました。痛みや違和感が出る前から積極的に実践していきましょう。ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど重要な場所です。心臓の次に血流を担っていますので大事にしていきたいですね!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です